「平成二十五年 歌会始め」宮内庁 お題は「立」

新春恒例の「歌会始め」は一月十六日、皇居で行なわれた。今年のお題は「立(りつ)」で、全国と海外から合わせて一万八千首近くの短歌が寄せられた。

天皇陛下

万座(まんざ)(もう)に (むかし)をしのび (めぐ)()けば 彼方(あがた)恩納(おんな)(だけ) さやに()ちたり

昨年十一月、天皇皇后両陛下は沖縄県で開催された「全国豊かな海づくり大会」にお出ましになり、恩納村の万座毛にお出かけになった時、恩納岳が琉歌に詠まれた十八世紀の琉球王朝の時代に思いをいたされ、お詠みになった。

皇后陛下

天地(あめつち)に きざし()たれる ものありて (きみ)春野(はるの)に ()たす()(ちか)

天皇陛下は昨年二月、冠動脈バイパス手術の後、しばらくの間、胸水貯留の状態が続いて、おすぐれにならず、皇后さまは「春になるとよくおなりになります。」という医師の言葉を頼りに、ひたすら春の到来をお待ちでした。この御歌は、そのようなある日、あたりの空気に、かすかに春の気配を感じとられ、「陛下がお元気に春の野にお立ちになる日もきっと近い」というお心のはずむ思いをお詠みになったもの。

皇太子殿下

幾人(いくびと)の 巣立(すだ)てる()らを 見守(みまも)りし 大公孫樹(おゝいちょう)の ()(まな)()()

皇太子殿下には、昨年の秋、御自身が学ばれ、現在は愛子内親王殿下が通われている学習院初等科で「大いちょう」と呼ばれて親しまれている大きな銀杏(いちょう)が美しく紅葉し、その下で多くの児童が遊んでいる様子を御覧になりました。そして、昭和のはじめ頃から自生するこの銀杏の木に見守られながら、幾人のこどもたちが巣立っていったのだろうと感慨深く思われ、歌にお詠みになられたものです。

(注)「銀杏(いちょう)」を「公孫樹」と書くのは、植えた後、孫の代になると実が成ることからである。

皇太子妃殿下

十一年前 吾子(あこ)(うま)れたる 師走の夜 立待(たちま)ち月は あかく()りたり

愛子内親王は、平成十三年十二月一日にお生まれになりました。その日の夜、空に月が明るく照っていたことを、皇太子妃殿下は大変印象深くお思いになりました。後に、妃殿下は、この月が十五夜から二日後の十七夜の立待ち月であったことをお知りになりました。この御歌は内親王の誕生の日の夜の光景を懐かしく思い出されながら詠まれたのです。

秋篠宮さま

立山(たてやま)にて 姿(すがた)()たる 雷鳥(らいちょう)の (おだ)やかな(さま)に (こころ)(なご)めり

秋篠宮殿下は、平成三年十月、富山県に於いて開催された「第三回日本自然保護会議」の記念式典に御出席になった折に、立山を訪れられ、野生の雷鳥を観察されました。野生の雷鳥を御覧になったのは初めてとのことですが、人を怖がらない様子に驚かれると共に、その姿を見て穏やかな気持になられたことを、今でもよく覚えておられるとのことです。その時のお気持ちをお詠みになりました。

秋篠宮妃紀子さま

(りん)として ()園児(えんじ)らの (うた)ごゑは 冬日(ふゆび)部屋(へや)に あかるくひびく

秋篠宮妃殿下は、悠仁親王が通われる幼稚園にて、保護者が一緒に参加する行事などで子どもたちの歌をお聴きになる機会があります。二学期の終業式には、年長組の子どもたちが姿勢を正し、明るく元気に歌う声が遊戯室に響きわたりました。この様子を御歌にお詠みになりました。

常陸宮妃華子さま

(ふき)()う (たけ)(かご)もちて ()みゆけば わが()(ひら)に (かお)()ちきぬ

五月の連休前後に那須へ、蕗の薹(ふきのとう)を摘みに出かけられた時のことをお詠みになったものです。

三笠宮妃百合子さま

(にわ)かにも (くも)()(わた)る (やま)なみの をちに(ひか)れり つよき(いな)(づま)

以前、群馬県にお成りになられた際、突然稲妻が走った山の景色をご覧になり、それを思い出されお詠みになったものです。

高円宮妃久子さま

(ふゆ)()れの (くも)なき(そら)に そびえ()つ (ゆき)(だいせん) いともさやけき

冬晴れの日、コハクチョウの撮影のために訪れられた島根県安来平野より御覧になった大山の美しい姿を詠まれたものです。

高円宮家長女承子さま

()ちどまり 募金箱(ぼきんばこ)へと 背伸(せの)びする (ちい)さな(きみ)の (おゝ)きな気持

募金活動のお手伝いをされていた際、三歳くらいの男の子がとても嬉しそうに五百円玉を入れてくれた姿が印象的で詠まれたものです。

高円宮家次女典子さま

(にわ)すみに ひそやかに()つ 寒椿(かんつばき) (あさ)のひかりに (はな)(いろ)()

庭の隅に立つ寒椿が朝陽(あさひ)に照らされている情景を詠まれたものです。

高円宮家三女絢子さま

()えわたる (ふゆ)()れの(あさ) 畦道(あぜみち)に きらきら(ひか)る 霜柱(しもばしら)()

冬の朝、ピンと張りつめたような空気の中、田んぼ道を自転車で走っていると、その寒さから田んぼ一面に霜柱が広がっており、霜柱が朝陽(あさひ)に照らされてキラキラと輝いている様子を詠まれたものです。

(召人)

岡野弘彦さん

伊勢(いせ)(みや) み()のさかえと ()たすなり 岩根(いはね)にとどく (しん)のみ(はしら)

 (選者)

岡井隆さん

やうやくに 行方(ゆくへ)()()て ためらひの (どろ)よりわれは ()()がりたり

篠弘さん

ゆだぬれば (こと)()まりゆく (さき)()えて (つぎ)会議(かいぎ)へ (せき)()たむとす

三枝昂之さん

すずかけは (ふゆ)木立(こだち)に (かへ)りたり また(あたら)しき (そら)(いだ)くため

永田和宏さん

百年(ひゃくねん)ばかり ()すごしちまつた (くび)()て (かめ)春陽(はるひ)に (うす)()()

内藤明さん

(とお)()の (あめ)(ひかり)を ()(たゝ)へ 銀杏(いちやう)大樹(たいじゅ)は ビルの()()

(入選者)

北海道 佐藤マサ子さん(八十九)

翅搏(はばた)きて 白鳥(しらとり)()れ とび()てり ()()(こえ)を (そら)へひろげて(作品の「翅(はね)」の字は旧字体)

埼玉県 若谷政夫さん(八十四)

ほの(じろ)く 慈姑(くわゐ)(はな)の (にほ)(あさ) 明日(あす)()(いね)の (あぜ)()ちをり

静岡県 青木信一さん(七十一)

自画像(じがぞう)は いまだに未完(みかん) ()()けた イーゼル()しの (まど)(はる)めく

新潟県 宮沢房良さん(六十九)

何度目(なんどめ)の 雪下(ゆきおろ)しかと (たず)ねられ (いき)をととのへ ()(ゆき)()

群馬県 鬼形輝雄さん(六十六)

いつせいに (かいこ)(あか)き (あたま)()て (いと)()(とき)を ひたすらに()

新潟県 高橋健治さん(六十五)

()(かぜ)に (むか)へば(ちから) ()るやうな 竜飛(たっぴ)(みさき)の 海風(うみかぜ)()

福島県 金沢憲仁さん(四十二)

安達(あだ)太良(たら)の (うま)()()ち はつ(あき)の (そら)(あお)さを ふかく()()

栃木県 川俣茉紀さん(二十二)

ネクタイを ゆるめず(はし)る (きみ)()を ()()まらずに ()ひかけるから

大阪府 瀬利由貴乃さん(十七)

人々(ひとびと)が (おな)時間(じかん)に ()()まり (そら)見上(みあ)げた 金環(きんかん)日食(にっしょく)

東京都 太田一毅さん(十二)

(じつ)(ぼく) (いえ)でカエルを ()つてゐる 夕立(ゆふだち)()るも ()かないカエル

 来年のお題は「静」

天皇、皇后両陛下の新年にあたり詠まれた歌、及び、歌会始め」(平成二十四年)


「歌会始め(動画)」
inserted by FC2 system