「出挙とは」
(発生)

 世界の農業には播種期(タネマキ期)に種子を貸与し、収穫期に利子を付けて返済する慣行があった。中国では古くから種子の利子付き貸借の慣習があるが、日本でも古代からそうした慣習があった。また、地域の支配者が「種稲」を民に貸し与え、収穫期に収穫の中から支配者に献上した日本古来の慣習がある。

日本書紀の孝徳天皇二年(六四八年)三月十九日の記事に「貸稲」(いらしのいね)の語がある。これが「出挙」ではないかと考えられており、少なくとも七世紀の中ごろまで利子の慣行があったとされる。

(律令における出挙)
 八世紀の律令に初めて「出挙」の語が現れた。(養老律令雑令)以前より日本では利子付き貸借の慣行があったが、律令に「出挙」が明確に規定され、利子付き貸借が国家により制度化された。

◎「出挙」は元々、農業生産の推進、奨励、すなわち勧農の一つであった。律令制においては公的な出挙と私的な出挙があり、また、財物を出挙した場合と種稲を出挙した場合で取扱いが異なっていた。具体的な内容は次のとおりである。

◎律令では「出挙」が私的で自由な契約関係に依るべきであり、官庁の管理を受けないことを原則としていた。
◎財物の場合、60日毎に8分の1の利子を取ることとし、480日を過ぎても元本以上の利子を取ることは認められなかった。さらに、利子の複利計算も禁じられていた。保証人制度があり代理弁済することも定められていた。

◎種稲の場合、一年を満期として私出挙であれば年利100%まで、公出挙であれば年利50%まで利子を取ることが認められており、財物と同様、複利計算は禁じられていた。

◎財物も種稲も高い利子率が設定されているのが特徴的である。種稲であれば「播種量に対する収穫量の割合が高い」ため、利子率が高くなるのは合理的だと言える。
都市部(平城京平安京)では財物の出挙が盛んであり、平安初期に書かれた「日本霊異記」に出挙により金銭亡者となったり、返済に苦悩したりする都市住民の様子が描かれている。また、正倉院文書の中に出挙の貸借証文が多数残されており、奈良時代の財物出挙の貴重な史料となっている。

(出挙の租税化)
 種稲の出挙は主に農村部において盛んに行われた。元々、種稲の出挙には農民の救済や勧農といった意味合いがあった。国府などの地方機関は春になると正税(田租)の種稲を農民に貸与し、秋の収穫期に、貸与した種稲に加え、収穫量の半分(50%)を利息分として返済させるようにした。この利息分を「利稲(りとう)」と言う。地方機関の多くは百姓に対する公出挙を行い、財源としたのである。このように公出挙は租税の一部になった。(注)種稲は初回に貸与されれば、次回は種稲の貸与は不必要である。次年度の田植えには保存しておいた種稲を使用する。

 また、公出挙により農民が疲弊し始めたことを知った政府は、養老四年(七二0年)三月、公出挙の利子率の低減(年利50%→30%)、そして養老二年以前に生じた全ての債務の免除を決定した。その後、年利50%に戻した時期もあったが奈良時代の末期から桓武天皇が律令国家の再構築を目指して大規模な行政改革を実行し、その一環として公出挙の利子率が再び年利30%へ引き下げられることとなった。

(平安初期の出挙
 平安期には「公出挙」が主要な地方財源となっていった。地方機関による公出挙の他、地域の富豪、有力百姓らも零細農民を対象に「私出挙」を行うようになり、九世紀には広範囲に公出挙と私出挙を組み合わせた租税徴収方法が取られ、彼らは年利30%で公出挙の種稲を借り受け、年利50%で貸し付けることにより20%の利息を得ることとなった。更に九世紀後半には地域の富豪、有力農民らに公出挙運用を請け負わせることで、地方機関の出挙収入の確保が図られるようになった。

(中世期の出挙)
 領主、富豪、有力農民らが新たな支配層として台頭していて私出挙は租税として存続していた。鎌倉時代から貨幣経済が発達して、それまでの種稲の出挙のみならず金銭の出挙が行われるようになった。これを「利銭出挙」という。貨幣経済の進展によって出現したのは利銭出挙だけではなかった。純粋な商行為である「貸付金融」も生まれることになる。鎌倉後期頃から次第に貸付金融が主流となり室町期ごろに利銭出挙は消滅した。「種稲出挙」は中世後期になっても存続してたが、秀吉の太閤検地などを通じて土地の所有が整理されたため「種稲出挙」は徐々に消滅した。(完)
越の国と大伴家持)へ

(私案、出挙を発展途上国への援助に採用出来ないか)
 この「種稲出挙」の方式を、今、発展途上国に対する「日本のODA」として、「種稲」のみならず、他の穀物(大麦、小麦、サツマイモ、ジャガイモ等)で採用するのは「日本らしいODA」と思う。併せて「日本の農法」を希望する国に伝授するのも「日本らしいODA」と思う。(完)

(閑話休題)
「漁師に魚を与えてはならない」
 これは「漁師を助けたいと時は魚を与えず、魚を取る方法を教えなさい」と言うことで「一時の援助より、将来に役立つ援助をするべきである」との意味である。これはまた、親が子を思うのなら、子に為すべきは「お金は使えばそれまで。また、財産も売ってしまえば、それまで。それより、子に教育を与えれば、生涯の財産となり、また、子に生業を教えれば、将来に役立つ」何故そうすべきかは「親は子より先に死に、後、子は生きていかなければならない」からである。

「不為児孫買美田(漢文)」(西郷隆盛の遺訓
 
児孫(じそん)(ため)美田(びでん)()わず(子供や孫の為に良い田畑を買わない)「子孫の為に美田を残さず」と同意。
「売り家と唐様で書く三代目」
 「唐様(からよう)」とは「中国風」の意味で、字が上手で優雅なこと。一代目が築き、二代目が受け継いで繁栄させてきた商家を、勉強をせず、趣味などの道楽にふけって没落させた「アホなお坊ちゃま」の三代目が、家まで手放すことになるが、困窮には不似合いな「唐様の字(上手な字)」で「売り家」と書いて貼り出したのを皮肉った川柳である。また、
「売り家と金釘で書く三代目」と言うのもある。「金釘(かなくぎ)」あるいは「金釘流」とは、釘をばら撒いたような下手な文字のことで、三代目が失敗した上に教養まで乏しいのは、一代目が二代目を甘やかし、親の二代目も厳しく育てなかったので、三代目が没落したと皮肉った川柳である。 TOP


日本の稲作

氷見の古地図(富山県氷見市史より)」
学芸員鈴木氏画



越中の古地図(富山県氷見市史より)」
学芸員鈴木氏画
inserted by FC2 system