「学びについて・・・」

 「蛍の光、窓の雪、文読む月日、重ねつつ、いつしか年も、杉(過ぎ)の戸を、明けて(開けて)ぞ、今朝は別れ行く」
は、「蛍の光」として、小学校、中学校、および、高等学校の卒業式で必ず歌う「お別れの歌」であった。
 この歌は、スコットランド民謡の「オールド・ラング・サイン(Auld Lang Syne)」を原曲とする日本唱歌である。作詞稲垣千頴作曲者は不詳である。小学校唱歌として、明治十八年(一八八一年)、「小学唱歌集初編」に載せられた。二番以下は次である。
 「止まるも行くも、限りとて、互に思ふ、千萬の(ちよろずの)、心の端(はし)を、一言に、幸く(さきく)と許り(ばかり)歌うなり」
 「筑紫の極み、陸(みち)の奥、海山遠く、隔つとも、その眞心は、隔て無く、一つに尽くせ国のため」
 「千島の奥も、沖繩も、八洲(やしま)の内の、護(まも)りなり 至らん国に、勲(いさを)しく、努めよ我が背(あがせ)恙無く(つつがなく)」
※現在、至らん国とは北朝鮮などのことである。
 また次の歌詞もある。「筑紫の極み、陸(みち)の奥、別るゝ道は、変るとも 変らぬ心、行き通ひ、一つに尽くせ国のため」
 「すぎのと」は「過ぎのと」で「杉の戸」と掛け言葉になっているとは知らなかったし、二番の「ちよろず」とは何かを最近まで知らなかった。つまり「千萬(ちよろず)」と漢字で書いてある歌詞を見たことがなかった。どうも、先生方は「意味を教えたくなかった」のであろう。勿論、三番以降の歌詞も知らなかった。日本は、昭和二十年(一九四五年)の敗戦後、戦争責任に対し「一億総懺悔」と言われ、この「蛍の光」も三番以降は、軍国主義、帝国主義を彷彿させるとされ、歌われなくなった。しかしながら、歌詞の意味を素直に読めば、好戦的であるとも思われないのである。そう言えば、卒業式で必ず「蛍の光」を歌ってきたが、先生に一度も歌の意味を教えて貰ったことがない。
蛍の光」「蛍の光(歌、SAYA、田母神塾生)
(注)日本は「海洋国家」である。

(注)右は「アニーローリー」の歌詞

 また、国歌「君が代」もそうである。「さざれ石が巌となりて」であるが、理科では「石」は水ですり減って小さくなるか、または、割れて小さくなる。と教わった。しかし、何故さざれ石(左)が大きくなるのか、誰も教えてくれなかった。まあ、興味もなかったので質問もしなかった。三十才を過ぎてから「妙成寺(石川県羽咋市))」で、初めて「さざれ石」を見て意味を理解したのである。寺の説明では「さざれ石は、粘結岩で、小さい石が集まり粘土で固まり徐々に大きくなる石」とあった。つまり「国民、一人一人の小さい石が団結して国を成し、大きくなって、やがて、巌となり、苔が生える」との意味である。この後、日露戦争戦没者慰霊碑(富山県氷見市)の基礎に「さざれ石」が使われているのを見て、再度、意味が理解できるようになったのである。今、小学校で国歌「君が代」の意味を如何に教えているのか知りたいと思う。
 
なお、「君が代」の「君」とは、通常、天皇陛下である。一方、天皇陛下は今の日本国憲法では国民の象徴であり、また、我々と同じ人間であり「さざれ石」の一つと考えたらいかがであろう。団結して国を成す。そう言えば、今までの「君が代論争」で、新聞、テレビなど、「君が代の歌詞」全体の意味を説いた上で、「君が代」の是非を論じるのを見たことも聞いたこともない。殆ど「君とは天皇陛下であるとかないとかの議論」であったと記憶している。オリンピックやサッカーの式典で、「君が代」を歌っているが、意味が解らずに歌ってはいないか。若しそうなら、こりゃ何としよう!世界中にそんな国があるだろうか。(国歌「君が代」)へ
 ところで、私の生い立ちは、1944年(太平洋戦争敗戦の前年)、兵庫県小野市、曽祖父は江戸時代末期生まれの刃物職人、祖父は日露戦争に従軍し、父は帝国陸軍々人で、その次男として生まれた。実家は刃物の製造と農業の兼業である。折り畳み式ナイフは「肥後守(ひごのかみ)」の登録商標で、全国販売していて、今も現存して使用されている。また、小野の特産品として算盤(ソロバン)があり、日本一の生産量である。算盤は、電気計算機の登場で絶滅危惧の産業になっているが、指先のトレーニングには良くて、ピアノやギターの運指の練習にも良い。
(左、小野市の”そろばん屋”ダイイチ宮永社長)
 井上家の家風は何をするのも自由で、小さい頃から家族から「何々をしろとか何々をしてくれ」の命令とか指示が殆どない、また、誰かが誰かに命令とか指示をしているのを聞いたことがない。例えば、私は小学校の時、七、八人の「万引き団」の団長(首領、ボス、指導者をしていて、団長(私)が居ない時、仲間が警察に捕まりイモズル式に取り調べられた。取り調べが終わり家に帰ったのは午後八時頃であったが、その事について家族から一言も叱られていないし、今迄、一度も家族からその話が出たことはない。(知らなかったフリをしている)また、中学校の二年の時、行事の遠足の行き先がつまらないので仲間を誘い、学校へ無断で行かず(遠足に行かず)、とある場所へ、仲間三人で遠足に行った。翌日、学校でひどく叱られたが、これも家族は何も言わなかった。
 ※ 集団で万引きをするので、買う振りをする役、商品を隠す役、持って帰る役、それらの役を振り分ける、戦利品を分配する、メンバーの選別などが団長の役目であり、小さいが組織であった。(一人で警察へ出頭し「少年万引き団」の団長の責任を取った)
 ここで、実家の一年の行事である。家には家長(祖父)が居て、正月の儀式があり、三月に彼岸の墓参りをし、四月に花祭り(釈迦の誕生を祝う)があり、五月に菖蒲風呂があり、八月に七夕祭りがあり、お盆は寺へ先祖を迎えに行き、八月十五日に近くの川から線香の煙に乗せて寺へ送り返す。九月に彼岸の墓参り、十月に神社の祭り、十二月に神社へシメカザリを届ける。小学生から家の行事に全て参加した。しかし、誕生祝とクリスマスはなかった。と言うことから、三人の娘が幼い頃は誕生祝とクリスマスをしたが、大人になった今はしない。また、バレンタインはバカバカしいのでしたことがない。
 さて、進路についてである。小学校三年の時、家族八人の前で家長の祖父が話した。次男の私に「財産の分与はしない、進学なら何処へ行ってもよい。」と言われた。我が家は代々、男は旧制小野中学、女は旧制小野女学校へ進学することになっていたようである。その後、高校から大学まで、進路について祖父や家族から一言もアドバイスや質問がなかった。私からも相談せず、国立大学に二つ合格したが、自分で選び、近くの神戸商船大学へ行くことに決めた。関西学院大学から推薦の案内が来ていたが私立大学は家計を考え断わった。
 ここで、今の受験について申し述べたい。まず、合格、不合格は頭の良し悪しではない。それよりも増して、体力と気力、そして、集中力である。私は高校三年の十月までサッカーをしていた。キャプテンの私が抜けると十一人にならず試合に出れない。受験のための補習授業を横目に校舎に向けサッカーボールを蹴り面白がっていた。高校から進学の意志を聞いてきたので「進学します。」と答えた。先生から補修授業の話はあったが特にアドバイスはない。この小野高等学校は旧制中学の時代から「質実剛健」を標榜し、「自主独立」の校風であった。(つづく
アニー・ローリー

1
 春の岸辺に 咲きし花よ 

 君が姿を 何にたとう

 その御前(みまえ)に この身ささぐ

 愛し アニー・ローリー

 われは誓う

2
 雪のかんばせ 清きうなじ

 われを見給(みたま)う 青き瞳

 その輝き 空の星か 

 愛し アニー・ローリー

 夢に浮かぶ

3
 秋の木の葉の 露をこぼす

 野のそよ風か 君が御声(みこえ)

 清(すが)し響き 心(こころ)揺する

 愛し アニー・ローリー

 われは慕う



さざれ石(君が代
inserted by FC2 system