「叶和貴子」本名、高松和貴子、19564月23日北海道函館市生れ。
 美人女優
して、1980年テレビドラマデビュー。以来テレビ以外にも、映画、舞台と幅広く活動してきたが1997年、持病のリウマチの症状が悪化し、芸能活動を休止。最近はこれまでの多忙な生活を反省し、自分なりのペースでテレビ出演などを再開。
 中
学・高校時代は陸上競技で活躍し、女子80mハードルで北海道記録を樹立。1977桐朋学園短期大学音楽科を卒業後、ピンクレディー郷ひろみのバックコーラスを務めた。
 歌手から女優への転身は「和服の似合う美人女優」として1980TBSテレビドラマ源氏物語』の紫の上でデビューした。1982のドラマ『天国と地獄の美女』、『パノラマ島奇談』(江戸川乱歩)でヌードを披露したほか、同時に
写真集を上梓している。他にも子供向け特撮番組への出演やキャリアを生かしたレコードの発売などの幅広い芸歴を持つ。1991にリウマチであることがわかり1997に一度、芸能活動を休止し治療に専念した。2000に活動を再開。現在は闘病経験をもとに健康をテーマテレビラジオトーク番組出演と講演であるが、美人女優としての活動も大いに期待されている。

「叶和貴子本人のコメント」
 「勇気」と「いさぎよさ」があればどんな境遇にも立ち向かって行けると思いませんか?華やかさだけが夢を与えるわけではない、格好悪くても一生懸命な姿が人に勇気や感動 を与えることもある。病気から学んだことを語り、それに苦しんでいる人たちに少しでも勇気や希望を与えることが今の私に出来る事なのかもしれません。実際に私が体験した持病のリウマチ、父親の死を乗り越えてきた体験を交えて、人生哲学を語ります。
(叶和貴子の「あの人の今」)(万葉集うかれめ土師)へ
メダカの会TOP 

 和貴子より、
昨年はお世話になりました。今年もよろしくね!


ところで、叶和貴子さんと黒沢年男さんの歌うデュエット曲を聴いていて歌詞の一部に矛盾があるのに気付いた。「東京砂漠のかたすみで」である。
 この歌の一番の歌詞は「俺は不器用で遊びが出来ないとなっていることから、男は女に不器用で一途な男であろう。そんな男が「数えきれない恋」をするとはとても考えられない。二番の歌詞の「数えきれない恋をしたけど」は一番の歌詞と明らかに矛盾している。歌詞は次である。

「東京砂漠のかたすみで」なかにし礼作詞 浜圭介作曲

(一)
 ♪夜の寒さを酒で粉ぎらす 穴の空いた俺の心よ(男)

愛に飢えてる隙間風なら 私の手で止めて上げたい(女)

いいのかい 俺は不器用で遊びが出来ない(男)

私もよ 一度愛したら あと戻りしない(女)

 似た者同志の二人なら同じ色の夢を見るだろう(二人)

東京砂漠 かたすみのめぐり逢い(二人)

(二)
 ♪数えきれない恋をしたけど
 胸の傷が増えただけだよ(男

人を愛して泣いた涙は くちづけして拭いて上げましょう(女)

 いいのかい 俺は幸せを知らない男さ(男)

私もよ いつも見てばかり 人の幸せを(女)

似た者同志の二人なら同じ色の涙流そう(二人)

東京砂漠 かたすみのめぐり逢い(二人)

 ♪いいのかい 俺は離さない お前が好きだよ(男)

私もよ ついて行きたいわ あなたしか見ない(女)

♪似た者同志の二人なら同じ色の花を咲かそう(二人)

東京砂漠 かたすみのめぐり逢い(二人)

(以上)

 しかし、この歌の作詞は「なかにし礼」氏である。氏が気付かないとは考えられない。どうしてだろう。不思議である。この「東京砂漠のかたすみで」の歌詞の矛盾をなくしてみた。

(一)
 ♪夜の寒さを酒で()らす 穴の()いた俺の心よ男)

愛に()てる隙間風(すきまかぜ)なら 私の手で止めて上げたい女)

 いいのかい 俺は不器用で遊びが出来ない(男)元歌のまま

私もよ 一度愛したら 後戻り出来ない(女)

 似た者同志の二人なら同じ色の夢を見るだろう(二人)

東京砂漠 片隅の巡り逢い(二人)

(二)
いくつかの恋をしたけど
 胸の傷が増えただけだよ(男変更

人を愛して泣いた涙は 口付(くちづ)して()いて上げましょう

 いいのかい 俺は幸せを知らない男さ(男)

私もよ 何時も見てばかり 人の幸せを(女)

似た者同志の二人なら同じ色の涙流そう(二人)

東京砂漠 片隅の巡り逢い(二人)

 ♪いいのかい 俺は離さない お前が好きだ(男)

私もよ 付いて行きたいわ あなたしか見ない(女)

♪似た者同志の二人なら同じ色の花を咲かそう(二人)

東京砂漠 片隅の巡り逢い(二人)(似た者同志の〜繰り返し)

 歌詞、曲共に良い歌と思う・・・(歌、黒沢年男&叶和貴子前ページ TOP



東京砂漠のかたすみで
(叶和貴子&T.K)

Wakiko Kanou叶和貴子Japanese Actress

菅原洋一&叶和貴子」(140min.)
 知りたくないの/慕情/ロシアより愛をこめて/ある愛の詩/奥様お手をどうぞ/夢のタンゴ/夜のタンゴ/ロンドンデリーの歌/オー・シャンゼリゼ/サン・トワ・マミー/セ・シ・ボン/ばら色の人生/五月のバラ/恋心/海と空/モナリザ/ムーン・リバー/べサメ・ムーチョ/時計/アマン/芽生えてそして/忘れな草をあなたに/風の盆/愛のフィナーレ/今日でお別れ/愛の讃歌
(出演) 菅原洋一/叶和貴子/グラシェラ・スサーナ/シルビア 
 
inserted by FC2 system