「石川郎女の他の口語訳」

@壺斎閑話」では、
石川女郎が、大伴宿禰田主に贈れる歌一首
「遊士(みやびを)と吾は聞けるを宿貸さず吾を帰せりおその風流士」(126)
大伴田主ハ、字仲郎ト曰リ。容姿佳艶、風流秀絶。見ル人聞ク者、歎息カズトイフコト靡シ。時ニ石川女郎トイフモノアリ。自ラ雙栖ノ感ヒヲ成シ、恒ニ独守ノ難キヲ悲シム。意(ココロ)ハ書寄セムト欲ヘドモ、未ダ良キ信(タヨリ)ニ逢ハズ。爰ニ方便ヲ作シテ、賎シキ嫗ニ似セ、己レ堝子(ナベ)ヲ提ゲテ、寝(ネヤ)ノ側ニ到ル。哽音跼足、戸ヲ叩キ諮(トブラ)ヒテ曰ク、東ノ隣ノ貧シキ女()、火ヲ取ラムト来タルト。是ニ仲郎、暗キ裏(ウチ)ニ冒隠ノ形ヲ識ラズ、慮外ニ拘接(マジハリ)ノ計ニ堪ヘズ。念ヒニ任セテ火ヲ取リ、跡ニ就キテ帰リ去ヌ。明ケテ後、女郎既ニ自ラ媒チセシコトノ愧ヅベキヲ恥ヂ、復タ心契(チギリ)ノ果タサザルヲ恨ム。因テ斯ノ歌ヲ作ミ、以テ贈リテ諺戯(タハブ)レリ。
大伴宿禰田主が報贈ふる歌一首
「遊士に吾はありけり宿貸さず帰せし吾そ風流士にある」(127)
 大伴田主は大伴旅人の弟である。詞書にあるとおり容姿端麗の美男子であったらしい。日頃ひとり寝のわびしさを託っていた石川郎女は、田主の気を引こうとして手紙をやるが、なかなか返事を得られない。業を煮やした郎女は、卑しい女に変装して田主の屋敷に至り、誘惑しようとするのだが、田主はなおもなびかず、郎女はむなしく帰らざるを得なかった。
「遊士と吾は聞けるを宿貸さず吾を帰せりおその風流士」

 という郎女の歌には、風流な人とお聞きしていましたのに、こうして私を追い返すなんて最低ですねと、恨みとも諧謔ともいえぬものが込められている。それに対して、田主のほうは、俄かに応じられない事情があったのだろう、さらりとかわす返事を贈っている。
その田主があるとき、足にできもののようなものができた。その病を見舞って、郎女は次のような歌を贈っている。
石川女郎がまた大伴宿禰田主に贈れる歌一首

「吾が聞きし耳によく似つ葦の末の足痛(あなや)む我が背自愛給ぶべし」(128)
右、中郎ノ足ノ疾ニ依リ、此ノ歌ヲ贈リテ問訊ヘリ。
二人の恋がどうなったかについては、万葉集からは何もわからない。だが、郎女の多感な恋は続く。以上

A「がんばれ凡人!」では、
 巻第ニ 126127 石川郎女と大伴田主の歌

126遊士(みやびを)とわれは聞けるを屋戸(やど)貸さずわれを還(かへ)せりおその風流士(みやびを)
127遊士にわれはありけり屋戸貸さず還ししわれそ風流士にはある
【意味】
<126>みやびなお人だと聞いていましたのに、私をそのまま帰してしまうなんて、何と無粋な風流士ですこと。
<127>私こそが風流士です。あなたと一夜を共にすることもなく帰したのですから、私こそ本当の風流士です。
【説明】
 片思いをしていた石川郎女がある夜、老女に変装し、「東隣に住む貧しい老婆です。火種がきれてしまいましたので、お貸しください」という口実をつくって、田主の家にやって来ました。ところが期待に反し、本当に火種を貸してくれたのみで帰されてしまいました。126は、恥をかかされたと思った郎女が次の日に贈った歌、127は田主がそれに答えた歌です。(以上)
 
私は、管理人の”Mr.凡人と申します。 その名のとおり一介の凡人に過ぎませんが、少しでもハイレベルな凡人を目指すため、本サイトを作成しました。あれやこれや、ためになるページがあると思いますので、みなさんもご一緒にレベルアップしましょう。どうぞ、ご用とお急ぎでない方は、覗いていってください。平成147


B「気まぐれ万葉集、足ひく我が背つとめ給ぶべし」では、
(注)はこの「きまぐれ万葉集」を参考にさせていただいた。

我が聞きし 耳によく似る 葦の末の 足ひく我が背 つとめ給ぶべし
吾聞之 耳尓好似 葦若末乃 足痛吾勢 勤多扶倍思
 私が聞いたとおり葦の末のようにおみ足がままならぬあなた、どうかお大事にしてくださいませ。女から男に送った皮肉の歌であろう。女は名だたる色好み女・石川郎女(いしかわのいらつめ)、男はハンサムで有名な風流士(みやびを)・大伴田主(おほとものたぬし)である。 女は田主と一緒に暮らしたいと思い、一計を案じて彼の気を引こうと老婆に変身して田主の家を訪ねるのだが、田主はそれに気づかずさっさと追い帰してしまう。

 そのことを憤慨して郎女が詠んだのが次の歌。
風流士と 我れは聞けるを やど貸さず 我れを帰せり おその風流士
遊士跡 吾者聞流乎 屋戸不借 吾乎還利 於曽能風流士
 あなたを粋なお方だと思っていたのに、泊めてもくれないで私を帰してしまいましたね。ずいぶんと鈍い粋人だこと。「おそ」とんま、愚鈍。
 それに対して、田主が詠んだ歌が、

風流士に 我れはありけり やど貸さず 帰しし我れぞ 風流士にはある
風流士尓 吾者有家里 屋戸不借 令還吾曽 風流士者有
 私はやはり風流人だと分かりました。あなたのことを泊めずに帰した私こそ本当の風流人じゃないですか。
 他愛のない歌の応酬であるが、お互いに真剣に言い合っているのか、あるいは冗談で言い合っているのか判然としない。たぶん真相はその半ばにあるのであろう。
 ところで、田主は足疾ということで脚が悪かったと注には書いてある。脚気かなんかだろうと言われているが、足を引いて歩いていたらしい。「耳によく似る」というのは、聞いたとおりの姿という意味合い。
 ずいぶんといやみな歌だなとも思うが、伊藤博の「釈注」によると、「足ひく」には男の最も大事な「足」に活力がないことをにおわしているとのこと。案外そういうことかもしれない。万葉集もけっこう「俗っぽい」のである。ひょっとしてこの田主という男、同性の間ではあんまり人気がなかったのかもしれない。注には、「容姿佳艶、風流秀絶、見る人聞く者歎息せずということなし」とあるが、かなりの堅物だったようだ。
 だから歌が歌にならない。こういう場合は、女に恥をかかせないように返歌するというのが風流の常道なのに、「クソ真面目」に応えている。女が怒るわけだね。
 編集者は、堅物の田主(名前が案山子みたい。だから足のことを皮肉られたのかも)ではなく、郎女の方によく言ったと拍手喝采しているようだ。
 ちなみに、「葦の末の足ひく我が背」は、直訳すると「葦の先のようにふにゃふにゃ足のあなた様」というような意味になる。
 男性諸氏、心すべし!            

Cやまとうた」(0126、0127、0128)訓読万葉集では、

石川
(いしかわの)
女郎(じょろう)大伴宿禰(おおとものすくね)田主(たぬし)に贈れる歌一
0126
 遊士(みやびを)(あれ)は聞けるを宿貸さず吾を帰せりおその風流士(みやびを)
大伴田主ハ字仲郎(ナカチコ)ト曰リ。容姿佳艶、風流秀絶。見ル人聞ク者、歎息(ナゲ)カズトイフコト()シ。時ニ石川女郎(イラツメ)ル人聞ク者、歎息(ナゲ)カズトイフコト()シ。時ニ石川女郎(イラツメ)トイフモノアリ。自ラ雙栖ノ感ヒヲ成シ、恒ニ独守ノ難キヲ悲シム。(ココロ)ハ書寄セムト欲ヘドモ、未ダ良キ(タヨリ)ニ逢ハズ。爰ニ方便ヲ作シテ、賎シキ嫗ニ似セ、己レ堝子(ナベ)ヲ提ゲテ、(ネヤ)ノ側ニ到ル。哽音跼足、戸ヲ叩キ(トブラ)ヒテ曰ク、東ノ隣ノ貧シキ()、火ヲ取ラムト来タルト。是ニ仲郎、暗キ(ウチ)ニ冒隠ノ形ヲ識ラズ、慮外拘接(マジハリ)ノ計ニ堪ヘズ。念ヒニ任セテ火ヲ取リ、跡ニ就キテ帰リ去ヌ。明ケテ後、女郎既ニ自ラ媒チセシコトノ愧ヅベキヲ恥ヂ、復心契(チギリ)ノ果タサザルヲ恨ム。因テ斯ノ歌ヲ作ミ、以テ贈リテ諺戯(タハブ)レリ。

大伴宿禰田主が報贈(こた)ふる歌一首

0127 遊士に(あれ)はありけり宿貸さず帰せし吾そ風流士にある石川女郎がまた大伴宿禰田主に贈れる歌一首

0128 ()が聞きし耳によく似つ葦(うれ)足痛(あなや)む我が()自愛(つとめ)()ぶべし
右、中郎ノ足()ニ依リ、此ノ歌ヲ贈リテ問訊(トブラ)ヘリ
   
                                     前頁へ戻る

inserted by FC2 system