「変装夜這い女のリベンジ・・・万葉集」(今風)

 さて、落語か講談の一席になりそうな「男と女の絡み合い」の話をします。時は天平時代です。「奈良の大仏」さんを、そろそろ造ろうとしていた頃の話しです。大伴家持さんと言う人が居ました。万葉集の編集をした人と言われ、また、たくさんの歌を作っています。その家持さんの叔父は「大伴田主(おおとものたぬし)」さんと言いました。(これから「田主」さんを「仲郎(ちうろう)」と呼びます)。この「仲郎」は「とても良い男(イケメン)」で、また、たいそう「粋な人」であったそうで、見る人も聞く人も「誰でもため息をつく」ほどであったそうです。
 それと、「石川郎女(いしかわのいらつめ)」と呼ばれた人は「六人」いますが、この「郎女(いらつめ)さん」は「美人」で「恋」もたくさんして、おまけに「歌の名人」でした。(これから「郎女」と呼びます)
 この「郎女」は、今までたくさん「恋」もして、「オトコ」を良く知っていて、「一生独身」でいることが難しいとわかっていました。そしてまた、いつかオトコと「同棲したい」と思っていました。仲郎にも自分の思いを伝えようとしましたが、なかなか「恋文(ラブレター)」を届けてくれる人を見つけられません。
 そこで、女の方から夜這いを仕掛けてやろうと、計略をいろいろ練りました。しかしもしも、夜這いに失敗して惨めな思いもしたくない、誰かに見つかり噂になろうものなら恥ずかしい!。そこで「郎女」は誰かに見つかったとしても、自分とはわからないよう、老婆に変装し、或る夜、土鍋を提げて、火を貰いに来たように見せかけ、仲郎の寝ている側まで行ったのです。なるほど、アッタマイイ!

 「老婆」らしく吃音(きつおん)で、つまり、どもって、よたよたと歩き、戸を叩いて言うには、「東隣りの貧しき女、火を貰いに来ました。」
ひっひっひ(・ ・ ・)、東隣りの婆さんじゃが、()()火種(ひだね)を貰えんかのぉ』と。
 男の仲郎は真っ暗闇のため何も見えず、まさか「郎女」が変装してるとは思いもせず、ま!、まさか!「郎女」が火を貰いに来たまま、同衾する(二人で一緒にネル)計略を立てていたとは夢にも思いませんでした。今も昔も”こりゃまさか”でしょう。郎女さんのナント、ナント、大胆なこと。
 仲郎は「郎女」の変装と演技がアマリに上手だったので、思いが至らないまま(郎女と思うことも出来ず)、ただ、単純に火を渡して、変装した「郎女」を帰してしまいました。そして、「郎女」は、ウチへ帰り朝となり、女の方から夜這いを仕掛けて、追い返され、夜這いに失敗したことを、益々惨めと思い始め、やがて、後悔の念に苛まれ(さいなまれ)、さらにまた、仲郎「期待外れのそっけなさ」を恨みに思い始めました。それやこれやで「郎女」は、『アタマにカーッ!』と来て、仲郎「逆恨み」で歌を送りつけました。”もう届ける人なんて誰でもいいわ。”
 そこで「郎女」がアタマにカーッ!と来て仲郎に届けた歌。

風流男(みやびを)と (あれ)()けるを 宿(やど)()さず (あれ)(かえ)せり おぞの風流男(みやびを)(巻二 一二六)
 『人の噂で粋な人だと聞いていたのに、朝まで泊めてくれずに帰してしまうとは、聞いてあきれるわ。なんと間抜けな人だこと。粋な人なんて、とんでもない。噂なんて当てにならないわ。』
 仲郎は返事をしました。
風流男(みやびを)に (あれ)はありけり 宿(やど)()さず (かえ)しし(あれ)ぞ 風流男(みやびを)にはある(巻二 一二七)
 『何を言うか!やはり私は粋な男だ。お前を泊まらせず、サッサと帰した私こそ粋な男だよ。』郎女め、バカいえ!。(郎女め、アホいえ!)
 これは「罵り合い」だ。また、「郎女」が歌を贈る。
()()きし (みみ)によく()ば (あし)(うれ)の (あし)ひく吾夫(あがせ) (つと)めたぶべし(巻二 一二八)
 『私が耳にした噂の通りですね。葦の葉の先っぽみたいなフニャフニャ足の貴方、まず、サッサと足を治されたら如何ですか?お大事にね。』
 「郎女」は「フニャフニャ足を治されたらいかがですか。」仲郎の「足疾(足の病気)」を、わざと、お見舞いしています。ちなみに、男の足は二本の足ばかりではありません。フニャフニャ足とはイヤミ以外の何ものでもない。「すごい美男で、かつ、粋人である」と他称され、また、自称?する仲郎は、さどや歯ぎしりしたでしようか。もしくは、なにがこの色好みの夜這い女め!と思って、聞き流したでしようか。万葉集には、これ以外の歌は残っていません。仲郎は、ここで「罵り合い」に、終止符を打ち、ダンマリを決め込んだのです。なるほど、何と言い訳しようとも「男を下げる」だけです。
 これらの歌のやりとりは、万葉集で公表され「郎女のリベンジ(復讐)」は成功したように見えます。(今も昔も、オンナよりオトコの方が辛い)(完)
夜這い)とは
 「♪男も辛いし、女も辛い。男と女は、なお辛い♪」夢ん中」(歌、小林旭)
落語、変装夜這い女のリベンジ」へ 「変装夜這い女のネタ元は誰?」へ
 TOP

 
太地喜和子さん

安倍葎子さんの愛の絆

芦川よしみさん(キレイですネ

 「川島なお美さん
これらの写真は本文と関係ありません

 以下は原文である。
大伴田主 字曰仲郎 容姿佳艶 風流秀絶 見人聞者 靡不歎息也
時有石川郎女 自成双栖之感 恒悲独守之難 意欲寄書 未逢良信 
爰作方便 而似賤嫗 己提堝子 而到寝側
哽音蹢足 叩戸諮曰 東隣貧女 将取火来矣 
於是仲郎 暗裏非矣識冒隠之形 慮外不堪拘接之計
任念取火 就跡帰去也
明後女郎 既恥自媒之可愧 復恨心契之弗果
因作斯歌 以贈謔戯焉(以上は漢文)

石川郎女大伴宿禰田主贈歌一首(漢文)
遊士跡 吾者聞流乎 屋戸不借 吾乎還利 於曾能風流士(万葉仮名、巻二 一二六)
大伴宿祢田主報贈歌一首(漢文)
遊士尓 吾者有家里 屋戸不借 令還吾曾 風流士者有(万葉仮名、巻二 一二七)

同石川郎女更贈大伴中郎歌一首(漢文)
右 依中郎足疾 贈此歌問訊也(漢文)
吾聞之 耳尓好似 葦若末乃 足痛吾勢 勤多扶倍思(万葉仮名、巻二 一二八)(以上)

(漫画・イラスト、諷刺画など募集中)

 このストーリーは、かなりの枚数になりそう。郎女が老婆に変装するところ。夜這いをかけるところ。無視されてスゴスゴ変えるところ。家へ帰っても眠れずモンモンとしているところ。ついにキレテ、このKYめと、木簡(短冊)を書き投げつける。仲郎もキレテ、イカズゴケめと投げ返す。郎女は完全にキレテ、このヤクタタズめ!とミンナに言いふらし、セセラ笑う。グーのネもでないマザコンの仲郎は母親にリベンジを頼む。郎女と母親の大ゲンカが始まり、機動隊(軍隊)が出動する。天皇などの宮人はアッケに取られている。ちなみに、仲郎は大伴一族で、オヤジ(旅人)が軍隊の最高責任者です。(これは一例です。ほかにアイデアがあればどうぞ)12コマになりそうです
inserted by FC2 system inserted by FC2 system