「ベリーダンス(Belly dance

 「ベリーダンス」は、女性の持つ「ふくよかさ」を魅力とし、「痩身」と「足長」を魅力とするバレーなどと対照的なダンスである。いわゆる東洋の女性、とりわけ日本女性の体形を、さらに魅力的に見せるダンスと言える。

このダンスの基本的なムーブは体の円運動である。つまり、腰や肩を水平に別々に動かすのである。

 歴史的には、紀元前5世紀といわれるエジプトの壁画にベリーダンスが描かれており、また、12世紀から13世紀のペルシアの絵画やハーレムの絵画の中にも見られ、その歴史の長さを伺わせる。

 今、ベリーダンスの素晴らしさが世界と日本で認められている。(完) (ベリーダンスWikepedia

小松芳のベリーダンスレッスン) 

 また、ベリーダンスと無関係とは言え、世界の三大美人は全て東洋人(Oriental)であり、「クレオパトラ」、「楊貴妃」、「小野小町」である。

(参考)
 日本最古のダンサーは古事記・日本書紀の「天岩戸(アマノイワド)」に登場する「天宇受賣命(アメノウズメノミコト、画)」(右下)とされる。











 「Belly dance Performance by MIHO」(動画)












天宇受賣命(アメノウズメノミコト)

Amiret el Sahara (Desert Princess)
Egyptian percussion

BellyDancer Makiko JIN
INTRO)へ
inserted by FC2 system